CR牙狼攻略法2 − 台選びは盤面右側が要!

スポンサードリンク
CR牙狼もデジパチの一機種としてその例から外れることなく、デジタル画面を回すスタートチャッカーへの球入りの良さを最優先にした台選びをするのが当たり前。攻略しようにも、攻略の始点となるデジタル画面の回りが悪くてはお手上げですよね。

そこで台選びに是非利用したいのが、機種の損益分岐点を表した”ボーダーライン”。1000円の投資に対して収支が0になるデジタル画面回転数、つまりスタートチャッカーへ入る球の数を表したボーダーラインは、パチンコの最も明確な台選び基準と言うことができます。

今まで、「なんとなく出そう。」といった感覚だけで台選びをしてきた人がこの基準で台選びをするようになったら、それだけで勝てる可能性が大幅に増加するわけですから、利用しない手はありませんよね。そのボーダーライン、CR牙狼では次のようになっています。

【CR牙狼XX ボーダーライン ※時間無制限の場合】

換金率:2.5円 → 回転数:21回
換金率:3.0円 → 回転数:19回
換金率:3.5円 → 回転数:18回
換金率:4.0円 → 回転数:16.3回

またもうひとつ台選びの基準としたいのが盤面右側のゲージ構成で、標準なら比較的甘めの構成となっているものが無理に釘調整されていたりする台は避けること。魔戒チャンス時は右打ちが基本で、この部分にある役物動作が最重要ポイントとなってくるので要注意です。
posted by CGM | CR牙狼攻略法

CR牙狼攻略法1 − 特異なスペックが攻略の糸口!

スポンサードリンク
MAXタイプのデジパチにあって多様性に欠けてはいるものの、その単純明快さが売りでもあると言えるのがCR牙狼。それは言うまでもなく、直接的な大当たりだけに神経を集中すれば良いということにありますが、それだけに事前の攻略想定がより重要になってくることは間違いありません。

もちろん、その想定のベースとして真っ先に利用したいのは基本特性である公表スペック。賞球数はどれくらいなのか?、大当り確率はどの程度なのか?、魔戒チャンスの各確率は?といった各項目(下記参照)を、先ず押えることが想定の第一歩と言って良いでしょう。

【CR牙狼XX スペック】

賞球数:3&10&14
大当たり確率:1/397.18
魔戒チャンス突入率:50%
魔戒チャンス継続率:82%
ラウンド数:15ラウンド
カウント数:9カウント

例えばこのスペックから、大当たり確率は辛めながら魔戒チャンスが50%、そしてその継続率が82%と非常に高く、一撃の差球は現行機種の中でトップクラスを誇るということが言えますが、そういったことが分かるだけでも、自分なりの攻略想定をすることができますよね。

こういった想定がないと、チャンスタイミングを間違えて勝ちを逃してしまう可能性が高くなってしまうので、事前の想定をできるだけしっかりとすることが大切になるわけです。そして想定ができたら、次は実際のホールでより効率的な台選びをすることが重要になります。
posted by CGM | CR牙狼攻略法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。